メニュー

よくある質問Q & A

凸凹や出っ歯などを審美歯科でも治せると聞いたのですが、矯正治療とどちらが良いのですか?

短い期間で行うという意味では矯正するよりも差し歯にしたり、ラミネートベニアのほうが簡単かもしれません。また、審美治療では、矯正治療では治せない、「歯の色」や「歯の形」を改善することができます。

しかし、治療期間や費用だけを優先し、見た目だけを重視した治療を行うと、かみ合わせなどの機能が十分でないことがあります。

かみ合わせを考慮していない状態では、力学的に歯に無理のある力がかかる場合があります。これによって歯に負担を与え、歯の根から折れてしまう等の問題も起こり得るのです。

また、審美治療では患者さまご自身の歯を大きく削る必要が出てきます。

患者さまの症状やニーズにもよりますので、どちらがいいとは一概には言えませんが、歯科医の立場からは美しさだけでなく機能性を兼ね備えた根本的な治療こそが患者さまの生涯の利益になると考えます。もちろんカウンセリング、診断後の治療については患者さん自身で判断していただきます。

舌側矯正は矯正治療中の審美性も問題ありません。また矯正治療中にホワイトニングを行うことも可能ですので、美意識の高い患者さまにもおすすめです。

セラミックの差し歯を用いた歯並びの改善と矯正治療については以下のページをご覧ください。

セラミックによる審美的矯正

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-067-600

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

※現在感染症対策のため
ご予約が取りづらくなっております。

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-067-600
閉じる